【ベジーデル酵素液】トップ > レーシック手術 > 事前検査の重要性

事前検査の重要性

どんなクリニックでもレーシックの手術前には

非常に丁寧な検査とカウンセリングを行うはずです。

何故なら一人一人が違う目を持っていますから、

その人の今の状態にあった手術方法や内容を決めなければなりません。

その為の重要な検査になるからです。

ではどんな検査を行うのでしょうか。クリニックによって

多少の差異はあるでしょうが、基本的には変わらないはずです。

まずは、視力検査、乱視検査を行い、現在の視力などを確認します。

それから手術に当たって必要な角膜の厚さを測る検査、

またその角膜のカーブの度合いを測る検査、

眼底検査、水晶体や網膜の検査などを行って、

最終的に医師の診断があるはずです。


その診察でレーシック手術が問題なく行えるかどうかを

チェックするのです。

その後、カウンセリングを行うのですが、

その方に合った最適な方法の提案があり、

それに対して疑問や不安などを解消していき、

問題が無くなったところで手術となるわけです。

ですからこの検査は大変重要なもので、

決して単なる視力検査とは全く違うものなのです。


……この記事の全文をみる
レーシック手術
レーシック手術について

前の記事 | 次の記事

関連記事