レーシックや視力回復についてについて

レーシックや視力回復について

注目エントリー

レーシックって何?

ネット上で盛んに宣伝されているレーシック手術。

中身は良く知らなくても、名前だけは聞いたことがある方も

案外多いと思います。


レーシックとは、Lasikと書かれますが、

これは、Laser in Situ Keratomileusisを略した言葉で、

意味は、「レーザーを目の角膜に照射することで、修正する」

といったところでしょうか。

種類は様々ですが、レーザーを使った

視力回復のための手術と言う事が出来るでしょう。

日本では2000年に当時の厚生省の認可が下りたことにより、

取り扱う専門クリニックが増えています。

今やかなりの認知度となっていて、今後ますます

レーシック手術を受ける方が増えて来ると思われます。


どんな人にオススメか

益々ニーズが増えているレーシック手術ですが、

比較的レーシックが向かない方は少なく、

多くの方がレーシックを受けられると思います。

特にどんな人にオススメかというと、

矯正器具、つまり眼鏡やコンタクトが好きじゃない方や

仕事上の理由などで眼鏡やコンタクトをすることができない環境の方。

そして、左右で視力の差が大きかったり、度数その物が強く、

レンズだと目の疲れが出てしまう方。

また眼鏡やコンタクトによる眼精疲労から肩こりなどが気になる方。

動きの激しいスポーツをする方なんかも、眼鏡やコンタクトが落ちる

という心配が無くなり、集中できるかもしれません。

他にもアレルギーやドライアイの方でコンタクトをするのが厳しいという方など

今までの矯正器具にない快適性がレーシックにはあります。

上記のような方は一度レーシックの検討をしてみるといいかもしれませんよ。


手術ではどんなことをされるのか

レーシックはあくまでも手術です。

やはり安全と言われても恐さはあると思います。

では、実際の手術ではどんな事をするのでしょうか。

まず麻酔をかけた後、レーザーを使用して目の表面つまり角膜に

フラップと呼ばれる蓋のようなものを作って開きます。

そこへ屈折を強制するレーザーを照射して、

その屈折力を変化させることで視力を回復させるという訳です。

たったこれだけのことなので、

時間も短く、実質数分間で終了してしまいます。

もちろん入院なども必要ありませんし、

そのまま帰宅できますから、

特に長期間の休みを取ったりする必要もありません。

むしろ手術前の検査やカウンセリングの方が

時間がかかるはずですよ。

それだけ準備をきちんとしておけば、

実際の手術はあっという間と言う事です。

関連→レーシックの専門サイト

レーシックや視力回復についてカテゴリー項目一覧

クリニック

レーシックとは

レーシック手術

副作用や失敗

知っておくと便利な情報